工作覚書き-8

8.河原

写真や図面をクリックすると拡大画面が現れます。

DSCN0356.jpg

DSCN0358.jpg

まず、水面と河原の間にある隙間を水で溶いた石膏に浸けたキッチンペーパー(50×100mm程度にカット済み)で塞ぎ、乾いたら筆に浸けた石膏で整形しました。
石膏が完全に乾いたら、アクリル絵の具で地面色に塗り、絵の具が乾いたら水際と広い河原の部分にホワイトボンドの水溶液を塗り、Nゲージ用バラスト、HOゲージ用バラストを撒きました。さらに、ごつごつした小石と流木らしい枯れ枝をホワイトボンドで適当に配置しました。
水面に残ったバラストを丁寧に取り去り、グロスメディウスで水面を再調整しました。


本文へ戻る
工作覚書き目次へ戻る