工作覚書き-16

16.ドラム缶

写真や図面をクリックすると拡大画面が現れます。

DSCN0871.jpg

DSCN0878.jpg

アルミホイルを使ってドラム缶を作ります。以前TMS誌上で紹介され、「ナローゲージブック2」に再掲された大谷全彦さんの方法によっています。
市販のドラム缶にアルミホイル(ドラム缶の外周より少し長め、高さより少し長め)を巻き付け、良くこすりつけてからはずし、形を整えて瞬間接着剤で固定します。細かな整形は細い竹串の先を使って行いました。きれいに丸くするには、ドラム缶の直径より細い丸棒を中に挿し、手のひらでころころすると簡単です。

本文(赤田駅構内の倉庫便所の整備)へ戻る
本文(赤田駅構内の環境整備)へ戻る
大六天駅周辺(資材置き場を作る)へ戻る
工作覚書き目次へ戻る