工作覚書き-15

15.針葉樹

写真や図面をクリックすると拡大画面が現れます。

DSCN0673.jpg

針葉樹もSuper Treesを利用して作りました。まず、直径4mmと5mmのバルサ丸棒をそれぞれ150mmと180mmの長さに切断します。丸棒の長さは900mmですから、それぞれ6本と5本になります。カッターナイフやヤスリを使ってテーパーを付けた後、幹全体にワイヤーブラシをこすりつけざらざらにし、墨汁の薄め液をさっと塗っておきます。後で植えやすいように幹の底に虫ピンを刺し、適当な長さにカットしておきます。

DSCN0678.jpg

頭の大きな握りやすい画鋲を使い、高さを少しずつずらしながら四方に穴を開け、適当な長さにカットしたSuper Treesの枝を、ゼリー状瞬間接着剤で固定していきます。

DSCN0680.jpg

タミヤカラーのジャーマングレーを枝に吹き付け、さらにスプレー糊を吹き付け、ターフを振りかけます。幹に塗った墨汁の薄め液は、ジャーマングレーで隠れてしまい、無駄でした。完全に乾いたら、幹にへばりついた目立つターフをかき取り完成です。

本文へ戻る(高原線沿線の緑化)
本文(森林線へ戻る)
工作覚書き目次へ戻る