工作覚書き-14

14.外壁材

写真や図面をクリックすると拡大画面が現れます。

DSCN0609.jpg

DSCN0610.jpgDSCN0612.jpg

建物の下見板や羽目板などの外壁の材料を作り置きしてあります。使い古しの茶封筒の一面に墨汁の薄め液を歯ブラシで塗りつけ、昔から日本建築で使われてきた柿渋で仕上げた板が劣化した雰囲気を出します。ほとんどの建物は、このまま使いますが、色を付けたい場合は、アクリル絵の具をドライブラシの要領で塗ると、少し色が落ちた感じに仕上がります。
裏面に両面テープを貼り付け、下見板は3mm幅に、羽目板は2mm幅に切り出しておきます。


本文(火の見櫓とポンプ小屋の整備)へ戻る
本文(赤石高原駅舎の整備)へ戻る
本文(赤田駅舎の整備)へ戻る
本文(単線機関庫の整備)へ戻る
工作覚書き目次へ戻る
コッペルのための機関庫のあるセクション(単線機関庫)へ戻る
大六天駅周辺(駅舎を作る)へ戻る
異人池駅周辺(駅舎を作る)へ戻る
異人池駅周辺(小さな神社)へ戻る