工作覚書き-13

13.鳥居

写真や図面をクリックすると拡大画面が現れます。

DSCN0461.jpg

竹串とバルサで鳥居を作りました。鳥居の形態(ちなみにこの鳥居は、明神鳥居という形です。)をウェブサイトで調べていたら、鳥居の寸法にも一定のルールがあるようでした。そこで、参道の道幅25mmから、鳥居の柱間を30mmと決め、これを基に、柱の直径3mm、柱の高さ30mm、笠木(一番上の飾りの梁の部分)の長さ45mmなどを決めました。手持ちのMrカラーのキャラクターレッドを全体に吹き付け、笠木と沓を黒く塗り、白色のクレパスや薄めた黒で汚し、さらに軽くヤスリがけをしたりしてみました。社殿のない鎮守の森も多かったそうなので、社殿は止め鳥居と鬱そうとした木々だけの鎮守の森にしました。


本文へ戻る
工作覚書き目次へ戻る