制作記録-環境-8

8.鉱石積替え作業の整備

写真や図面をクリックすると拡大画面が現れます。

DSCN1229.jpg

DSCN1231.jpg

0.25mm厚のプラ板、5mm径の丸棒、1mm径のプラ棒、爪楊枝でベルトコンベアの枠を作りました。形状、大きさなどは、ベルトコンベアメーカーのWebを参考にしました。ベルトは120番の耐水ペーパーです。

DSCN1273.jpg

DSCN1274.jpgDSCN1275.jpgDSCN1276.jpg

赤田駅構内の引込み線に沼尻鉄道のセタを2両留め、1両に鉱石を積み(バルサで底上げした上にバラストを積んでおきました。)、ベルトコンベアで国鉄のトラに積替え作業をしています。ベルトの上にも鉱石を少しずつ、間隔をおいて載せておきました。作業をしている4人は、エコーモデルの旧製品2人とプライザー、カトーの人形を加工したもので、0.5mmの針金とプラ板で作ったスコップを使っています。

製作記録目次へ戻る

赤田村役場だよりへ戻る