制作記録

赤田駅周辺と高原線を作り始めました。
制作期間:2007年10月27日~

平面図と全景

赤田村営鉄道プランのコピー.jpg
全体写真.jpg2011年11月11日現在

概要

 小判型のエンドレスの手前に赤田駅を配置し、赤田駅から高原線が分岐し、2.8%の勾配で赤石高原駅に向かいます。レールはさらに赤石鉱泉へ向かい、奥へ延びています。エンドレスの右端を赤石高原駅の下に隠してレール延長を長くしなかったのは、走っている列車を見えなくしたくなかったことと、トンネル内の事故発生が気がかりだったからです。
 赤田駅は、駅舎のある本線用ホームと貨物側線、高原線用ホーム、車庫、留置線で構成され、小さな駅広と駅前商店街を作る予定です。
エンドレスの奥側半分は、赤石川、棚田、築堤、プレートガーダという習作と同じ構成になります。
 本線部分の地盤面は、台枠から55mm持ち上げ、赤石高原駅までの勾配部分は、地盤面を台枠とそろえることで、高原線と地盤面は最大110mmの高低差が確保されます。
 赤石高原駅はホーム1本と留置線のみの小さな駅とし、レールは山の陰まで延伸し、赤石鉱泉へ向かっていることにします。
レールはすべてPECOのナロー用レールを使います。
 運転は、DCCではなく、昔ながらのデュアル・キャブコン方式です。(A)本線ブロック、(B)高原線ホームと留置線ブロック、(C)高原線ブロックの3ブロックに区分します。

目次

土木工事の部

1.台枠の製作から路盤と地盤の設置
2.道床の設置、プレートガーダの製作、配線、コントロールボードの製作そしてレールの敷設まで
3.レールと枕木の塗装、ホームの作成・設置、道路整備、建物の基礎の設置まで
4.棚田作り、赤石川の整備
5.赤石高原の造成
6.平地部分の地面作り
7.バラストを散布
8.線路周りの設備
9.地形の改造
10.築堤、堤防などの緑化・通信柱の設置
11.道路端の雑草、側溝の蓋、古枕木の柵
12.鎮守の森の緑化
13.赤石高原駅周辺の緑化
14.貯木場の整備
15.高原線沿線の緑化(下草、灌木)
16.高原線沿線の緑化(中・高木)
17.背景にフォーリッジクラスターを貼る

建築工事の部

1.火の見櫓とポンプ小屋の整備(窓のない建物の作り方)
2.赤石高原駅舎の整備(窓のある建物の作り方)
3.赤石高原駅前のそば屋の整備
4.農協倉庫の整備
5.赤田郵便局の整備
6.赤田駅構内の倉庫、便所の整備
7.タクシー営業所の整備
8.食料品店の整備
9.雑貨店の整備
10.駅前食堂の整備
11.診療所の整備
12.日通荷受所の整備
13.詰所の整備
14.貨物上屋の整備
15.赤田駅舎の整備
16.単線機関庫の整備
17.派出所の整備
18.住宅の整備
19.納屋の整備

環境整備の部

1.駅前商店街の環境整備
2.駅前広場の環境整備
3.桑畑とバス停の整備
4.赤田駅構内の環境整備
5.畑の整備
6.道端の樹木、雑草などの整備
7.腕木式信号機の整備
8.鉱石積替え作業の整備
9.赤田駅構内小物の整備
10.碧沼での投網と炭焼き小屋の整備
11.高原線の崖下道路などの整備
12.電線を張る
13.畑の整備(その2)
14.背景を追加

制作費用の部

制作費用の集計