森林線

制作期間:2013年9月~2014年3月
杉沢の酒井製5tDLが、材木を積んだ運材台車を引いて走る姿を落ち着いて眺めることができる、B3パネルのレイアウトをつくることにしました。

写真をクリックすると拡大画面が現れます。

プラン

森林鉄道線路配置図原図.jpg

杉沢の酒井製5tDLを赤田村営鉄道高原線で走らせるのには少し不都合があるので、B3パネル(364×515mm)の小さなエンドレス(半径150mm)のみの森林線を作ります。
手前にガレ場に架かった木橋、左手に自然石の石積み擁壁、右手奥コーナーにトンネル、トンネルを抜けると向こう側に集材所という配置で、中央部に前後を分ける尾根状の丘を作ろうと思います。

制作過程
1.地盤作り
2.レールを敷設
3.山、トンネルの造成
4.地面を作る
5.木橋を架ける
6.緑化を進める
7.集材所を作る
8.改修作業